長期にわたって投資をするなら是非利用しよう!

長期資産運用に向いているNISAの特徴とは

NISAとは、株やリートなどの売買差益や配当金及び分配金によって生じた利益が非課税対象となる制度のことです。利用するためにはNISA口座を開設しなければなりませんが、すでに証券会社に口座を持っているのであれば簡単に作ることができます。必要な資格は満20歳以上の日本在住者であることだけ。つまり日本に住んでいるのであれば、日本国籍所有者でなくとも開設できます。
NISAの特徴は、1度売却してしまった枠は再利用出来ないという点です。年間120万円の枠内で何度も売買を繰り返すことは出来ません。たとえば30万円の株式なら4回売買するだけで枠は使用不能となります。年間最大120万円の枠を使い切りホールドすることで、最長5年間最大600万円まで投資額の増設が可能です。以上の理由から、NISAは長期トレードに向いている制度であり、たとえば長期間株価が安定する傾向にある食品関連株や内需株を購入するのに向いています。

NISAに適している金融機関及び商品について

現在、NISA口座を開設できる金融機関は、信用金庫や地銀などの銀行系と証券会社に大別できますが、開設するのであれば証券会社がベストです。何故なら銀行はNISAに向いている株式などの低手数料割合商品を取り扱えないからです。失敗したと後から気づいても一度口座を開設してしまうと、数年間変更できないので気を付けましょう。
NISAに適している金融商品の代表格は、手数料の割合が少ない現物株式。1度購入してしまえば最長5年間は手数料を支払わずに済みますから、非課税優遇を最大限生かせます。一方、NISAに合わない金融商品の代表が毎月分配型の投資ファンド。近年高齢者に人気のファンドですが、元本が全く増えないためNISAのメリットを生かし切れないというわけです。

© Copyright Private Equity fund. All Rights Reserved.