配当金や値上がり益を非課税にしてくれるNISAって?

利益を出しやすい、有利な仕組み

NISAとは2014年1月にスタートした、少額投資非課税制度のことです。
最大の特徴は、通常約20パーセントの税金がかかる株や投資信託の配当金及び売却益が非課税という点です。つまり、単純に考えて税金分の20パーセント分、利益が上乗せされる投資方法と言えます。
但し、NISAには上限と期限が設けられており、1年間に購入できる金額は120万円まで、1つの資産が非課税となる期間は5年間とされています。
また、1年で使い切らなかった購入枠は次年度に繰り越すことはできず、NISA口座と他の証券口座との損益通算はできないなどのルールがありますので、最大のパフォーマンスをあげるには、ルールを熟知しておく必要があります。

ルール改訂により、ますます有利になるNISA

NISAは2014年の運用開始当初は、上限額は100万円。制度の運用期間は5年間とされていましたが、2016年には上限額120万円にアップし、運用期間も2023年までの10年間に伸びました(但し、1つの資産の非課税期間は5年間と変わっていないので注意が必要です)。
また、20歳未満の子供名義でも口座が開設できるジュニアNISA(上限金額は年間80万円)も加わり、更に2017年からは非課税期間が20年と長い積立NISA(上限金額は念願60万円)も始まり、家族単位での非課税枠は大幅に上がりました。
運用開始から2年で大幅に制度が改訂されましたが、株価を上げて景気回復を後押ししたい自民党政権が続く限り、今後も更なる改訂も期待できそうです。

© Copyright Private Equity fund. All Rights Reserved.